マンションを賃貸に出す場合には経費の負担も考慮する必要あり

契約も済み今のところ家賃による収益を上げられている

家賃の一割が管理手数料で徴収されるのは痛いと感じるものですが、逆に借主に対して家賃を払ってくださいということを請求する手間がかからないので、その点では楽になります。
マンションを賃貸に出すことは様々と経費が発生するものですが、今は運良く経費が発生しないで済んでおります。
賃借人から備え付けの機器類が壊れてしまったという報告もなく、家賃による収益を上げることが出来ている次第です。
ただ将来的にガスや水道などの生活インフラの側面で修繕が発生する可能性もありますので、収益が上がっているからと喜んでいられない点もあります。
予期せぬ経費の負担がのしかかってくるケースもあるので、常に将来のことを考えて計画的に捉えておくことはポイントだと思っております。
今回はスムーズに借り手も見つかり、経費の負担がほとんどなく何事もないまま運用することができているので、マンションを賃貸に出すことは成功したと考えています。
ただ必ずしもマンションを賃貸に出すことは良いことばかりではないということを肝に銘じておく必要はあります。

転勤のため分譲マンションを賃貸に出すことを検討リロケーションを利用した賃貸を考えまずはリフォーム契約も済み今のところ家賃による収益を上げられている

マンションを賃貸に出す分譲マンションを貸す時